2019/02/26

アメリカの学会や動物病院、シェルターに行ってきました!

 

皆様、少しづつ暖かくなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
わんちゃん、ねこちゃんたちも気温差で体調を崩したりしてないでしょうか??

当MHVCスタッフ3名(三好・中西・山本)と、
MHVCの眼科外来を担当いただいているどうぶつ眼科専門クリニック(大阪)の辻田Dr.・看護助手さん2名の計5名にて、
アメリカの学会、動物病院、シェルターの見学に行ってまいりました!

 

 

実際にアメリカの地域の一般病院や専門病院を見学させて頂き、
動物のためにつくられたしくみや、それぞれのスタッフごとの役割が明確化されていたりと、我々が動物たちのためにもっともっとできることがあると感じました。

 
シェルター(動物保護施設)においては、アメリカでの成功している施設を今回は視察をしましたが清潔な環境のなかで、動物たちはのびのびとそこで過ごしている印象でした。
※もちろん成功例ばかりではないようです。

 

今回感じたことを、これからの松山 ほうじょう動物クリニックにも活かして
より一層、クリニックの理念である
「誠実=相手だったらしてほしいこと、自分と暮らす子だったらしてほしいことをする。」を、動物のために実践していきたいと思います!

 

 

 

松山ほうじょう動物クリニック獣医師向けサイトはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。